TOP
EFFECTOR
Valve Extreme
1 mode overdrive
&
3 mode overdrive
ANALOG RICH CHORUS
Lucifer
ACCESSORIES
VIZION SLIP GUARD
Pre Tubes
Power Cable
今のサウンドを120%向上させるオーバードライブ

¥39,800(税抜)

いま使っている機材にプラスするだけで豊かな倍音、サスティーン、アタック、ゲイン、低域を120%向上させることが出来ます。

セッティング使用例
サウンドサンプルを用意しました
< シングル・ピックアップ編 >
< ハムバッキング・ピックアップ編 >

使用例1
いつもアンプとギターのみで勝負しているアンプ直の方には…

 クリーントーンをもっと太くクリアーにでき、煌びやかな高音を強調できます。自然なサスティーンも加わり深みのある音になります。クリーンからパンチのあるクランチへのトーン切り替えに効果的です。

使用例2
エフェクターで歪ませているが、潰れてしまい音がこもってしまう方には…

 現在お使いの歪みエフェクターのゲインを下げて、後ろにVALVE EXTREMEを繋げていただくと、太く抜けの良いサウンドに生まれ変わります。癖が無く自然に全体のゲインをUPできるので、ブースターとして使う事もできます。

使用例3
ライン録音する際にライン特有の硬さをアンプっぽい暖かさに補正する。

 録音したサウンドに後がけでValve Extremeを使用するとサウンドに奥行きを与える事が出来ます。足らないゲインを足し、全体に張りを与える事が出来ます。ダイレクトに使う場合は、お持ちのアンプシュミレータの後にValve Extremeを繋ぎ、ゲインをゼロにしろドライブツマミで真空管の暖かさをプラスできます。ライン録音は左右の広がりはいくらでも広げられますが、奥行きを与えるのは困難です。この方法で奥行きを与えると、アンプから出ているようなニュアンスを作り出す事が出来ます。

VALVE EXTREME セッティング使用例!
< シングル・ピックアップ編 >
歪系アンプでバッキングのサウンドを作る。
>>> SOUND SAMPLE <<<
サウンドを歪ませるのではなく全体的な奥行きを強調し、中域の粘っこさと低域の図太さを強調したサウンドにしました。
これにゲインを足して行くとサウンドが全体的に歪んで行くので、ハードな曲のバッキングにも対応したサウンドが作り出せます。
※ポイントはゲインでの高音調整です。
歪系アンプで単音(ソロ)弾きのサウンドを作る。
>>> SOUND SAMPLE <<<
シングルピックアップで過度に歪ませると、サウンドが細くなってしまう事が多いですが、エフェクターで歪ませるのではなく、エフェクターでアンプを歪ませるセッティングです。シングルコイルのジャリッとした感じをリアルに再現し、低音を強調させる事が出来ます。
※ポイントはレベルでのゲイン調整です。
クリーン系アンプでエフェクターを使いソロサウンドを作る。
>>> SOUND SAMPLE <<<
Valve Extremeの後に歪エフェクターを繋げ、クリーンからクランチにする際は歪エフェクターをONにします。手前に繋げたValve ExtremeをONにすると、バリバリしたサウンドにはならず、エフェクターの特徴を壊すことなくハイゲインで図太いサウンドになります。(12V推奨)
※ポイントはODのゲインは低めに設定する事です。
※サウンドサンプルは、クリーン、ODオン、Valveオンの順番です。
< ハムバッキング・ピックアップ編 >
歪系アンプでバッキングのサウンドを作る。
>>> SOUND SAMPLE <<<
ハムバッカー特有のペタっとした中域を残し、低音と高音を強調したサウンドにしました。倍音も気持ちよく足され、チューブサウンドを強調しています。ゲインはまだまだ余裕があるので、全体的にもう少し歪んだ絞まったサウンドにする事も可能です。
※ポイントはゲインでの高音調整です。
歪系アンプで単音(ソロ)弾きのサウンドを作る。
>>> SOUND SAMPLE <<<
サウンドはそのままに、ゲインのみを持ち上げたサウンドを作りました。通常ゲインを上げるとサウンドが潰れて細くなってしまいますが、ドライブを上げる事によってチューブの太い低音が足され、サスティーンも長くなり、倍音も豊かになります。
※ポイントはレベルでのゲイン調整です。
クリーン系アンプでエフェクターを使いソロサウンドを作る。
>>> SOUND SAMPLE <<<
Valve Extremeの後に歪エフェクターを繋げ、クリーンからクランチにする際は歪エフェクターをONにします。手前に繋げたValve ExtremeをONにすると、バリバリしたサウンドにはならず、エフェクターの特徴を壊すことなくハイゲインで図太いサウンドになります。(12V推奨)
※ポイントはODのゲインは低めに設定する事です。
※サウンドサンプルは、クリーン、ODオン、Valveオンの順番です。
さらに!Valve Extremeは、9V~12Vの電源を使う事でサウンドを変えることも可能で、9V~12Vへ行くにしたがって歪みの解像度が高くなり、よりクリアーなサウンドになります。
推奨電源は、VOCU AA Power Plant(5V?12Vまで電圧調整可能。)税込定価\16,800
VIZION 12V AC/DC ADAPTER 税込定価\1,575

しかも!Valve Extremeは、真空管を変えることによりドライブツマミ自体のサウンドを変えることが出来ます。
お勧め真空管は、
VIZION 12AX7V 税込定価\3,780 粒立ちの良いレギュラータイプ
VIZION 12AX7VV 税込定価\3,990 ハイゲインな低音強調タイプ

>>>内部回路バージョンアップ(Ver.2)のお知らせ。
>>>VOCUによる解説ページはこちら
>>>取扱説明書ダウンロード(pdf )はこちら
>>>出力用チラシ(pdf)はこちら
(株)トーラスコーポレーション 〒171-0044東京都豊島区千早1-16-14
TEL 03-3959-3411  FAX 03-3959-3413
E-mail:info@taurus-jp.com
サイトのご利用について